読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

splatcarbon News

任天堂ゲーム、その他ゲーム、PC、ニュースなど記事を書いていきます!

任天堂スイッチ(Nintendo Switch)発表会まとめ!【ハード関連】

Nintendo switch ゲーム ニュース

ついにNintendo Switchの発表会が開催された。

まず、ハードまわりを見てみる。f:id:splatcarbon256:20170113153248j:plain

発売日は2017年3月3日 希望小売価格は29,980円+税
2017年1月21日(土)予約開始

 

Nintendo Switchプレイスタイル映像


3つのプレイモード
 ・TVモード
 ・テーブルモード
 ・携帯モードf:id:splatcarbon256:20170113151709j:plain

最大8台までローカル通信で対戦・協力などマルチプレイ可能
オンラインは2017年秋まで無料。その後は有料化
TVモードでプレイしているときは別売のLANアダプターを使用して、有線LAN接続も可能

本体である「Switch Console」は,6.2インチサイズで解像度1280×720ドットの液晶パネル

ディスプレイパネル 6.2インチサイズ,解像度1280×720ドット,静電容量式タッチパネル
SoC NVIDIA製 カスタムTegraプロセッサ
本体保存メモリ 32GB
外部映像出力 HDMI(バージョン?),出力解像度1920×1080ドット/60Hz
サウンド 内蔵ステレオスピーカー,マイク入力,HDMI経由でリニアPCM 5.1ch出力対応
USB USB Type-C×1(充電端子兼用)
インタフェース ゲームカードスロット×1,microSDカードスロット(microSDXC対応)×1
無線通信機能 IEEE 802.11ac,Bluetooth 4.1
センサー 加速度,ジャイロ,照度
バッテリー駆動時間 2.5~6.5時間,充電時間約3時間 容量4,310mAhのリチウムイオンバッテリ
サイズ 239(W)×102(D)×13.9~28.4(H)mm(Joy-Con取り付け時)
重量 約297g,Joy-Con取り付け時 約398g

「Switchドック」は下記の仕様

外部映像出力      HDMI(バージョン?)
USB 側面:USB 2.0 Type-A×2,背面:USB 2.0 Type-A×1(アップデートで後日USB 3.0に対応予定)
サイズ 173(W)×104(D)×54(H)mm
重量 約327g

Joy-Conは「HD振動」で触覚を再現
Joy-Con(R)に内蔵された「モーションIRカメラ」はカメラが捉えた物の形や動き、距離を読み取る
(グーチョキパーといった手の形を認識できる)
Joy-Con(R)にamiibo読み込み機能を搭載

バッテリー持続時間は約2.5時間から6.5時間程度(ゲームにより異なる)
 ・4,310mAhのリチウムイオンバッテリ
 ・ゼルダの電説ブレスオブザワイルドだと3時間程度

USB-Type-Cを搭載(モバイルバッテリー等使用可能)
MicroSDカードスロット(SDXC対応)を搭載
Joy-Con(L)のキャプチャーボタンを押せばプレイ中のスクリーンショット撮影可能
 ・画像には自由にテキストを入力でき、SNSへ、簡単に投稿することも可能
 ・今後アップデートで動画キャプチャーも対応

価格は機能を考えると無難なところかなと。ハードだけで利益が出るラインで出してきたといえるでしょう。

オンラインが有料化するのは残念ですねぇ・・・値段も気になるところ。ただし、オンラインユーザには下記の特典がある。ファミコンやスーファミのゲームが遊べるのは地味にうれしいかも。Switchソフトの割引もいいね。

■スマートフォンで友だちと待ち合わせやボイスチャット
■懐かしのソフトを月替わりで遊べる
発売当時にはなかったオンラインプレイにも対応させた、ファミコンやスーパーファミコンなどのソフトを、月替わりで1ヵ月制限なく遊ぶことができます。
■サービス利用者限定の割引価格
Nintendo Switchソフトなどを、本サービス利用者限定の特別価格でご提供します。

HD振動」は触覚を再現するということで、以前紹介した触力覚テクノロジーに近いのかもしれません。これだったらかなりすごい。何しろ触覚を再現するわけで物を触っている感触がゲームに応用されるわけで、感じてみないとわからないすごさがあるかと。

電撃のレポートで、HD振動のレポートが。やはりすごいようです。

電撃 - Nintendo Switch体験レポート。HD振動、スイッチ(切り替え)の楽しさ、SFC本体とのサイズ比較を紹介

今回の体験会では、自分の知る限り、『1-2-Switch』の“カウントボール”や“ミルク”というゲームでHD振動を体験できました。

 “カウントボール”はコップに見たジョイコンを振ることで、中に入ったボールの数を当てるゲームなのですが、この感覚が本当にリアル! 思わずジョイコンを持った手をまじまじと見直してしまうほど、本当に“ボールが入ったコップ”を持っているように感じてします。これ、マジでヤバイっす!

 一方の“ミルク”は、いわば牛の乳搾りゲームなのですが、これまだミルクを絞り出す感じがすごいです。なんと言いますが、ジョイコンの中を上から下に液体が流れている感じがするんです。

今回はプロセッサなどの詳細発表はなかったわけですが、各種ゲームの画面をみるとやはりこれまでのリーク・予想に近い感じかなと。UE4に対応していて、それなりの解像度・フレームレートが出ているので、スカイリムやドラクエヒーロズ等のタイトルを携帯モードでプレイできるようですな。ドラクエヒーローズ1・2の実機映像がPS3版とPS4版のどっちに近いかは気になるところ。

本体メモリは32GBとものたりないので、microSD等で容量追加しないとダウンロードゲームはつらいだろう。据置モードならWiiUみたいに外付けHDDだが、携帯モードでは使えないだろうし、ストレージ関連は悩みどころだ。

なにげに気になったのは公式サイトで発表されたNintendo みまもりSwitchだ。

親が子供のSwitchプレイ時間・ソフトなどを制限・監視するものだが、これはSwitchとスマホがNintendoアカウントで紐付けて連動するということだ。このソフトはスマホで出るわけで、要するにスマホのソフトでNintendo Switchとの連携を使ったゲームやソフトがどんどん出てくるのではないかと予想できる。